感じる心・・・

chocora522.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 04日

人の温かさ

まず、トナカイの足跡を見つけました。
なにしろ、サンタクロースの国ですから当たり前ですが。
雪が、うっすらと積もった森林を私は散策を続けます。
小さな感動が、アチコチに転がってました。

お腹が減ってきた時に、初めて気付いたことがあります。
さっき、ココまで積んできてくれた車以外、一台の車も見ていない事に。
かれこれ、2時間はたつでしょうか。
さすがに、不安はつのります。

更に2時間、全く車両、いや生き物の姿さえ見ていません。

辺りが暗くなり始める頃にエンジンの音を聞きました。
確かに、車が此方に向かってきています。
そして、それは、私が予想していた通りに、紛れもなく
熊ヒゲ親父の車でした。

彼は、心配で心配で、仕事が手につかなかったそうです。
「お前のような馬鹿に係わるんじゃなかった」
「馬鹿は何処の国にもいるんだな」
復路の1時間、親父の大声の罵声がつづきました。
怒鳴り声ですね。あれは。
私は、笑顔で泣きながら親父に叱られ続けます。
ありがとう。の言葉を飲み込みながら。


泣き虫な旅人・・・
人の温かさに触れると人は泣き虫になる。。

そんなことを思った・・・

b0059150_2358348.jpg

[PR]

by chocora522 | 2006-07-04 23:51 | 旅の話


<< サッカー      ドラマチックな空 >>