感じる心・・・

chocora522.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 01月 25日

ウォルト・ホイットマンの詩

ハンナ、失ったなんて思うことはないんだよ。いいかい?---
何ひとつほんとうに失われたものはなく、失われるものもない、
生まれも、個性も、形式もーーー世界のあらゆるものは失われるはずがない。
命も、力も、目に見えるあらゆるものは・・・・・
年老いて、冷えきり、たるんだ肉体でさえーーーかつてさかんに炎をあげたもえさしさえ・・・・・
ふたたびあかあかと燃えだすだろう

こんな詩を見つけた。
今、読んでいる「きみに読む物語」の中から・・・
アルツハイマー病になって記憶をなくした妻に夫が語りかける場面
「たすけて、デューク。わたしが誰だか、思い出させて。わたしがむかし、誰だったのかもいい。むかしを失ってしまったように感じるの」
この台詞のあとにこの詩が続く・・・

悲しい場面だけれど、私には羨ましい場面にも思える。
こんなふうにそばにいてくれる人がいること
人として、最高の幸せ・・・

人事だからそんなふうに思えるのだろうか?
かたくりの花2つ・・・

b0059150_23553374.jpg

by chocora522 | 2005-01-25 23:55 |


<< きみに読む物語      車の中から >>